山口県歯科医師会

甘くてこわ~いお砂糖のはなし

ほとんど毎日のように摂取している砂糖

■取りすぎてしまうと糖尿病や心臓病、骨そしょう症などを引き起こしてしまうといわれます。
■口の中では虫歯になりやすくなることで有名です。
■現在、1人1日約50gの砂糖を取っているといわれています。

 2015年3月にWHO(世界保健機関)は「成人及び子供のための糖類の摂取に関するガイドライン」を発表しました。
このガイドラインは肥満や虫歯予防に焦点をあてたものです。遊離糖類の摂取を成人で1日25g(総摂取エネルギーの5%)未満にすることが推奨されるということです。遊離糖類とはグルコースやフルクトース等の単糖類、スクロースや砂糖等の二糖類のことをいいます

『歯を溶かす酸の飲み物に含まれるPH値です』

■糖類に酸味が加わると歯を溶かす度合が更に高くなることが知られています。
■毎日の食生活において下記の食品の摂取量、摂取後のお口のケアは歯の寿命に 大きく関わります。