歯科衛生士ってどんな仕事?

歯・口腔の健康は、「自分の歯でおいしく食べる」、「楽しく会話する」など、健康で活き々とした生活を送るための基本となります。
近年では、様々な調査研究から「歯・口腔の健康と全身の健康の関係」が明らかになり、歯科衛生士の役割が一段と高まっています。

歯科衛生士の活動の場は、歯科診療所や病院が中心ですが、生涯を通じて歯の健康づくりや口腔ケアーを支援するため、保育所・幼稚園、学校、保健所・市町村保健センター、企業、そして介護老人保健施設。居宅など、地域にも大きく広がってきました。そのため、歯科衛生士を一生の仕事としてライフワークにする人が増えています。
それには、次のような理由が考えられます。

  1. 国家資格があるので結婚や出産で一時離職しても再就職に有利である
  2. 経験を重ねキャリアアップすることで活動分野が広がる
  3. 歯科衛生士の求人数が年々増加している

今、人々の健康志向の高まりとともに、歯・口腔の健康づくりを通じて、食べる力、生きる力をサポートする歯科衛生士の活動に大きな期待が寄せられています。

あなたもチャレンジしてみませんか!

  歯科衛生士は歯科医師の指導のもとに、主に次のような3つの仕事をします